未分類

スポーツクラブに入会をして運動しています

最近運動不足が気になるわりには、非常に食い意地が張っていてなかなか甘いものを止められなかったり、子供の食べ残しをしっかり食べたりしているので、随分体重が増えてしまいました。
太ももの間に隙間が皆無なので、太もも同士が擦れて股擦れのような状態になったりしますし、ダイエットを決心することにしたのです。
ダイエットをするにあたり、活用した場所はスポーツクラブです。
スポーツクラブといえば高いイメージがあったのですが、家の近所には毎月五千円台で日中限定で使えるプランのあるスポーツクラブが運良く有ったので、通うことを決心しました。
実際行ってみると、主婦の世代やシニア層もかなり多くて、一切スパルタ的な雰囲気やストイックな印象とは無縁で、非常にまったりとしている雰囲気で安心しました。
運動がかなり苦手でしたが、スポーツクラブは自分のペースでマシンを使って運動出来て安心です。
スタジオに参加するとアップテンポな音楽やインストラクターさんの愛想良く元気な指導などもあり本当に楽しいですし、徐々に顔見知りが増えて雑談をする友達も出来てきました。
お喋りなタイプの人にとっては、スポーツクラブは日頃のストレス発散にもかなり良いと思いました。
ただ、スポーツクラブで運動するとお腹が減るので、帰宅した後につい食べすぎてしまいます。
運動した以上に食べてしまうのではないかと思うこともよくあるのですが、スポーツクラブに行くと冷暖房も完備されていて結構快適ですし、健康的に運動できて寂しさも紛れたりして、体を動かすと気分が晴れるのでしばらくは続けようと思っています。

未分類

子供連れの家族旅行はハワイがおススメ

子供が幼稚園や小学生くらいになったら、ハワイに行くのはいかがでしょう。
乳幼児だとフライト代金は安いですが、機内や旅行中にかなり気を使いますから、聞き分けのきく年齢が連れて
行きやすいと思います。
ハワイは日本人には大人気のリゾート地ですね。
日本から8時間ほどで行けますし、時差も昼夜逆転というわけでもないので、時差ぼけの負担も少ないと思います。
空港の入国審査の係員も日本人に慣れていますし、タクシーの運転手も日本語を話せる人が結構います。
日本人は英語に対して苦手意識を持つ人が多いので、つい小声になりがちですが、大きな声で堂々とハッキリ言えば
相手に伝わりやすくなりますよ。これは大きなポイントです。
日本人がいるお店もたくさんありますし、日本語が話せる人も多いので、言葉に関しても不便は少ないと思います。

ワイキキエリアはキレイに整備されてはいますが、混雑が気になるので、子供連れの場合はアラモアナビーチが
少しゆったりしていておススメです。
ワイキキからトロリーも出ていますし、歩いても30分くらいです。
子供はお買い物に興味がなくても、ビーチで遊ばせてあげれば喜びますね。

子供連れで注意することは、
・11歳以下の子供を一人にしてはいけない。
例えば、「ホテルの部屋に一人留守番をさせて、ちょっと食べ物や飲み物を買い物に行く」もダメです。
「お店の中のおもちゃコーナーで一人で遊ばせて、親は違うところを見ている」もダメです。
もちろん「ビーチでトイレに行きたくなったから、子供を海で遊ばせたまま残してトイレに行く」もダメです。

・腰から上を叩いてはいけない。
お尻ペンペンは良いようですが、子供が何か勝手に触ってしまって手をペシッと叩くのもダメです。

・大声で叱ってはいけない。

以上の三つです。
これらを破ってしまうと児童虐待として逮捕される場合もありますので、気を付けて下さいね。

せかせかと忙しい日本から飛び出して、家族でのんびりと過ごしてみませんか。

未分類

秋のインテリアに!ぺパナフラワーリース

急に涼しくなって秋めいてきましたね。ということで、簡単でお安くできるお家のインテリア小物を作ってみました。

ぺパナフラワーリースを1週間ほどコツコツ作っていて、今日やっと完成したんです!

ぺパナフラワーってご存知ですか?

ぺパナフラワーとは、ペーパーナプキンで作ったお花のことです。

作り方は簡単です。ペーパーナプキンを正方形に16等分して、5枚1組で重ねて端からじゃばら折りに折って、最後に中央をホチキスで止めます。その両端を半円に丸く切り、開くとかわいいお花が出来上がります。

これをたくさん作って100均のリースにグルーガンで止めていけば出来上がりです。

100均のペーパーナプキン1袋でも大きなリースが十分できるので、200円でかわいいリースができてお得です。グルーガンも100均で手に入ります。

今回は、違う濃さのインスタントコーヒー3種類でケナフ入りペーパーナプキンを染めてから花を作り、茶色のスタンプ台で花びらの先を汚す感じで少し色を付けることで、秋らしいアンティーク感の出たリースに仕上がりました。。

飾るときはレースやリボンを少し絡ませると豪華に見えて良いですよ。

200円とは思えない出来栄えに、満足です。早速玄関に秋の木の実と一緒に飾りました。

小さなリースだと1日でできるのではないでしょうか。とても簡単に作れるのでぺパナフラワーアートはお勧めです。興味がある方は是非挑戦してみてくださいね。

未分類

余ったアロマオイルの面白い使い用途

新しいもの好きなのでダイエット特集が雑誌やテレビであるとすぐそれを実践してみたくなってしまうのですが、今私が試しているダイエットは睡眠時間でエネルギー効率がかわるという方法です。
多くの人は睡眠時間がないから寝不足気味だと思うのですが、やはり寝る時間が短くなると脂肪をため込みやすいということでした。
寝ている時間があるのならダイエットのためにジョギングでもしてきたいと思っていた私でしたが、睡眠時間も立派なダイエットということでずいぶん考えかたが変化したかもしれません。
質よく寝るために最近はアロマデュフェンサーを購入して寝室で楽しんでいます。
香りはラベンダーなどが睡眠やリラックスにいいということなので、それらの香りを愛用しています。
試してみてから少しは寝つきがよくなっていればいいのですが、なにぶんもともと寝つきが悪いほうでもないので効果は今のところ検証中というところかもしれません。
けれどこのアロマオイル、意外といろいろなことに使えるところが面白いのです。
クローゼットのなかに香りを染み込ませた布を入れておくの柔軟剤よりいい香りで洋服が香りますし、防虫効果もありなかなか使い切れないかなと思っていたのですが、あっという間にアロマオイルを使い切りそうです。

未分類

シンプルな生活を目指して

少し前から巷でよく話題になっているミニマリスト。カーテンすらない部屋の様子を見て、最初は「きっとこの人は、生まれついての潔癖症なんだろうな」と、随分失礼な目で見ていました。
でも、よくよくそのブログを読み進めていくと、ご本人も以前は物に埋もれて生活されていたとの事。私もかなり整理整頓が苦手で物に埋もれて生活しているので急に親近感がわいて、ミニマリストと呼ばれている方たちのブログや記事を次々と読むようになりました。

皆さん、以外にも結構以前は不要なものに囲まれて生活していたとの事で、持ち物を減らす事のメリットをいくつも挙げてらっしゃいます。物の管理が楽になった、お金が貯まるようになった(私はこれに一番釘付けになりました)、自由な時間が増えた、等々なんだかいい事ばかりです。

以前から、散らかし放題の我が家を何とか片付けなければ、と気にはなりつつ放置してしまっていたのですが、整理整頓ができていない「モノ」に振り回されて掃除にも支障が出ているし、全く使いもしない粗品のグラスやもう着なくなった洋服で一杯になった戸棚やクロゼット、もう使わなくなった子供の学用品、
少し気合を入れて処分してみようと思います。ミニマリストには程遠いけれど、我が家を少しずつ居心地の良い空間にしていきたいです。

未分類

加齢臭や脇汗の匂いがとても気になる

とても悩んでいるのが体から発せられる匂いなのです。そのケアの為に数年来朝早くから起きて、シャワーを浴びなければ気が済まないようになりました。若い時にはあまり気にならなかったのですが、加齢臭のような匂いがするようになってしまったのです。

特に頭皮あたりの匂いも気になりますし、いくら洗っても手がとても匂うので、体を触った際にその匂いが頻繁に移っているのかもしれません。主人に聞いてみると、それ程匂わないとは言われるのですが、わずかな匂いでも自分としてはとても嫌なのです。

加齢臭以外にも気になる匂いがあります。肉類を食べ過ぎた後などに脇の下がとても匂ってしまうのです。ワキガとはまた違うのですが、玉ねぎのような強烈な匂いがしてしまいます。基本、全般的に汗臭いのもつらいです。

とりあえず、こういった時にも対応できるように汗取りシートを持ち歩いていますが、人に不快感を与えるのも嫌なのですが、自分自身が自分の匂いが原因で気持ち悪くなります。こういった加齢臭や脇汗の匂いも簡単に抑えられるような商品があれば、どんなに良いかと思います。

未分類

瞳孔を開く目薬のせいで、半日じっとしていました。

飛蚊症が気になったので、眼科に行ってきました。昨日、目の前の蚊を追い回しているのに、いつまでも捕まえられない…。よ~く見たら蚊など何処にもおらず、自分の目がおかしい事に気が付きました…。「昔、実家の母が、同じような行動をとっていたなあ~」と思うと、何だか寂しいです。

子供が以前、結膜炎でお世話になった眼科に行ったのですが、結構混んでいてくたびれました。診てもらった結果は、特に治療が必要なものではないそうです。「ある程度の年になると、みんな出るから心配しなくていいよ」と言われました。しかし、それはそれで「ババア」と言われた気がするのは、私の僻みでしょうか…。

まあ大事にならずに済んで良かったのです。問題は検査のために点眼された、瞳孔を開く薬の方!ま、眩しい~!眼科からの帰り道、あまりの眩しさに目が開けられないほど。世界が光ってしまっていて、まともに道路も見えない有様でした。

幸い眼科は家から5分の住宅地の中にあるので、人様の家の壁伝いに帰って来ました。車じゃなくてホント良かった。夕方になり収まって来たので、これを書いているのですが、つい先ほどまでカーテンを引いた部屋でじっとしていました。今度眼科に行くときは、サングラスを持って行きたいと思います。