未分類

瞳孔を開く目薬のせいで、半日じっとしていました。

飛蚊症が気になったので、眼科に行ってきました。昨日、目の前の蚊を追い回しているのに、いつまでも捕まえられない…。よ~く見たら蚊など何処にもおらず、自分の目がおかしい事に気が付きました…。「昔、実家の母が、同じような行動をとっていたなあ~」と思うと、何だか寂しいです。

子供が以前、結膜炎でお世話になった眼科に行ったのですが、結構混んでいてくたびれました。診てもらった結果は、特に治療が必要なものではないそうです。「ある程度の年になると、みんな出るから心配しなくていいよ」と言われました。しかし、それはそれで「ババア」と言われた気がするのは、私の僻みでしょうか…。

まあ大事にならずに済んで良かったのです。問題は検査のために点眼された、瞳孔を開く薬の方!ま、眩しい~!眼科からの帰り道、あまりの眩しさに目が開けられないほど。世界が光ってしまっていて、まともに道路も見えない有様でした。

幸い眼科は家から5分の住宅地の中にあるので、人様の家の壁伝いに帰って来ました。車じゃなくてホント良かった。夕方になり収まって来たので、これを書いているのですが、つい先ほどまでカーテンを引いた部屋でじっとしていました。今度眼科に行くときは、サングラスを持って行きたいと思います。